アプリケーション事例

差動センシング+差動伝送(ラインドライバ信号)計測現場のノイズ問題を解決!

省エネ対策としてモータ制御にインバータが多く採用されておりますが、インバータはノイズ発生源であるため、
計測シーンにおけるノイズ対策についてのご相談いただく機会が多くございます。
回転速度・角度計測において、ラインドライバ信号出力搭載のエンコーダは多くございますが、EV用途や高回転のモータには対応できません。
検出部・伝送部に差動方式を採用する事でノイズの影響を受けにくくしたラインドライバ出力対応の歯車センサをご紹介いたします。

計測でできること
 
●歯車センサ
 ■ 0Hzから検出可能なため、回転体の動き出しや停止時の動きも細かく計測できます。

 ■ センシング部に2ホール素子差動方式を採用しているため、周辺磁界の影響を受けず、ジッタを抑制した安定検出ができます。

 ■ 伝送ノイズの影響を受けにくラインドライバ出力を採用しているため、長距離伝送時にも安心してご使用いただけます。  

●回転速度計測
 ■ ラインドライバ入力&入力絶縁対応の TDP-4921-ND-□□ と組合わせることで、さらにノイズに強い計測を実現できます。

 

選定ポイント
1.インバータノイズの影響を受けにくい歯車センシング

2.長距離伝送時に信号の減衰を気にせず使用できるラインドライバ出力

3.低回転(0Hz)からセンシング可能な歯車センサ

4.ラインドライバ信号が入力可能な計測器

5.計測ラインとの信号絶縁

製品紹介
関連ページリンク 製品 ポイント 概要
製品ページ
IMG12-50LD/IMG16-50LD
磁気式ギア速度センサ

ラインドライバ出力 セミオープンコレクタ出力 差動(平衡)CMOSロジック出力 広い電源範囲 コニカルプレス

2ホール素子差動方式を採用しているため、検出部で磁界ノイズを除去し、
ジッタを抑制した 安定した出力が得られます。
ラインドライバ出力のLDオプションでは伝送ノイズの影響も除去するため、
長い配線環境でもご使用いただけます。
センサ検出面は、完全密閉型一体構造の金属ケースでできており、IP67を取得しています。
水や油が付着する環境にも対応しています。
計測可能周波数範囲:0Hz~20kHz
使用温度範囲:-20℃~105℃
製品ページ
TDP-4921-ND-□□
ユニバーサル速度計

ラインドライバ信号入力 RS-232C RS-485 アナログ出力 アラーム出力 BCD出力 LINKSHIP対応

様々なセンサと接続可能な回転速度計です。
入力絶縁・ラインドライバ信号に対応しました。 NEW
入力周波数範囲:0.0006Hz~4MHz(単相信号)/0.0006Hz~1MHz(A/B相信号)
アナログ出力(オプション)分解能:16bit
出力更新時間:0.5ms
製品ページ
CNT-4921-ND-□□
パルス積算(可逆)カウンタ

ラインドライバ信号入力 RS-232C RS-485 アナログ出力 アラーム出力 BCD出力 LINKSHIP対応

様々なセンサと接続可能な可逆計測可能なカウンタです。
入力絶縁・ラインドライバ信号に対応しました。 NEW
入力周波数:0~4MHz(単相信号)/ 0~1MHz(A/B相信号)
アナログ出力(オプション)分解能:16bit
出力更新時間:0.5ms
製品ページ
CPIシリーズ
パルスアイソレータ

DINレール取付タイプ 高速パルスアイソレータ BNCコネクタ入出力

300kHzまで入力可能な パルスアイソレータです。
計測ラインからのノイズ対策や盤内信号分岐用途に。
フィルタ回路(ローパスフィルタ)や信号トリガレベル調整機能付き